ラスベガスにあるホテルはどれも規模が並み大抵ではありません。
隣のホテルへ移動するのに10分はかかります。

c0096639_19155394.jpg





















こちらはフォーラムショップス。
どこかで見かけたこの風景・・・
同じものはお台場にありました~
(お台場がこちらを真似っこ!)

c0096639_1921542.jpg





















てくてく歩くこと10分。
こちらはベラージオのロビー。
幻想的な天井に思わずうっとり~^^
いつの日かゲストとして泊まってみたいナ~!
[PR]
もう旅行記は終わった・・・と思い、写真の整理をしていたら
まだグランドキャニオンをUPしていないことに気が付きました。
あ、あぶない~~

c0096639_1603084.jpg












10年前、ラスベガスからグランドキャニオンはアクロバットさながらの
セスナ機で移動しましたが、今は30名乗りのジェット機に変わっていました。
ヘッドフォン付けたかった王子はちょっと残念。

c0096639_162488.jpg





















機内から見たラスベガス。
少し離れたところに一際大きなお屋敷が!
それは・・・・セリーヌ・ディオンのお住まいでした。
年内一杯ラスベガスで公演している彼女のショーも見たかったナ~

c0096639_1663768.jpg













飛行機に揺られ約40分でグランドキャニオン空港に到着。
そこからさらにバスで”Mother point”へ向かいました。
バスを降りて、歩いて移動中に野生のラバに出会いました。
この辺りに住むリスや鹿などの動物は狂犬病を持っているのだそう。
絶対に触れないわ~~~

Mother pointに到着です。
ここからはグランドキャニオンのほぼ全容が見渡せます。
お天気に恵まれたお陰で、すばらしい景色を見ることができました。

c0096639_1613411.jpg













c0096639_16171450.jpg













こんなにいいお天気は久しぶりだよ~とガイドさん。
普段の行いがいいんだねーと言われ、王子も私もニコニコ♪♪

c0096639_16191011.jpg













谷底は900メートルも下なのだそうです。
でも!王子が歩いている人を発見!!
ガイドさんも双眼鏡で見て確認してくれました。
まだ目はかなりいいみたいです・・・・
確かに蟻よりも小さな人がちょこちょこ歩いていました。

この谷底に行くツアーは人気があるそうですが・・・
ラバに乗って5時間半かけて下り、一晩泊まって帰ってくるのだそうですが
谷底は照り返しがきつく、気温50度、湿度70%の過酷な世界なのだそうです。
行った人は外見も中身も変わって帰ってくるとか。
関係ないけど、亀田家の方々が経験したらいいかも~なんてね。

こういう大自然の景色を王子がどれだけ覚えてくれているかわかりませんが、
大人になった時に、なんとなく思い出して再び自分の力でこの場所に
立ってくれればいいな~と思います。
[PR]
旅行記、まだまだ続きます~(老後の楽しみです?!)
もう少しお付き合いを・・・・・

ラスベガス・・・・・本当はあまり乗り気ではありませんでした。
実は苦い過去があるのです。

それは十年前、まだ主婦OLをしている頃に主人とラスベガスに来ました。
初めてのラスベガスでウキウキ~
ストラスフィアタワーの上(地上300メートル)にあるジェットコースターに
乗って物凄い恐い思いをして、さぁトレジャーアイランドの噴水ショーを見に行こうと
歩き出したら、寒くてたまらず震えが止まらない状態で部屋に帰ってきました。
主人はカジノに一人出かけてしまったので、私はシャワーを浴びて寝ましたが
寒気は増すばかりでした。
翌朝、熱を測ったらびっくりするほどの高熱で、慌てて日本語の通じる病院へ
駆け込みました。
診察していただいたらなんと肺炎になってしまっていたのです。
翌日には飛行機で移動しなければならなかったので、その旨を伝えたら
命の保障はありませんよ~と言われてしまいすごく迷った覚えがあります。
そして、私はここで注射を打たれました。
しかも”お尻”に!
それも主人の目の前で!!

その後1年間くらいはからかわれたかなぁ~~

結局、ラスベガスではホテルで大量の薬を飲みながら悲しく過ごしたのです。
(翌日は強行で移動しましたよ!)

そんなことがあり、あんまり行きたくはなかったのですが、
楽しめなかったグランドキャニオンをもう一度見たかったし
王子にも見せたかったので決意したのです。

10年ぶりに訪れたラスベガスは確実に巨大化していました。
”ここは砂地だったはず”という所に高いビルが建ち、
すっかり賑やかな街に変わっていました。

c0096639_19435023.jpg
















こちらは”MANDALAY BAY”
仕事で何回か訪れている自称”ラスベガスマスター”の主人のお勧めの
レストラン”SHANG HAY LILLY”が入っているとのことで訪れました。

c0096639_19524653.jpg
店内は落ち着いた雰囲気♪
時間が早かったこともあり一番客でした。














c0096639_1956468.jpg
アプタイザーの肉の盛り合わせ










c0096639_19562249.jpg
パパのお目当てのサーマージャン!
辛いけれど酸っぱ
すぎないスープは
絶品でした♪







c0096639_19564072.jpg
王子と私には
ワンタンスープ。
お出汁がとても上品。
ワンタンの皮に厚みがあり食べ応えのある一品でした。





c0096639_1957122.jpg
メインは
イカとアスパラのXOジャン炒めと
豆腐と野菜のミックス炒め。
と王子ご希望のチャーハン
(写真忘れました!)
お野菜不足気味だったので
しっかりいただきました♪









久々にお野菜をた~くさん食べて元気が出たところで
次はトレジャーアイランドで行われている”MYSTE’RE”観賞に行きました。

c0096639_20211532.jpg












こちらのショーは有名な”O”に似ています。
水を使っていないアクロバットショーとでもいいましょうか。
英語力がなくても楽しめるので、私や王子にぴったりでした。

いきなり大人が赤ちゃんの格好をしてステージに出てきたので
王子もゲラゲラ~~^^
出てくる度に面白い行動!緊張したアクロバットショーが
コミカルショーに。

上下左右に動くステージ。
早い展開のショーは観客を飽きさせません。
天井から日本の大きな和太鼓も登場。
ラスベガスでこんなに大きな太鼓の演奏が聴けるとは想像もしませんでした。

さ・す・がです!!
ハラハラ、ドキドキ、ワクワクすべてが味わえる、ファンタスティックなショーでした。
[PR]
カナダのおいしいもののひとつが”ロブスター”♪
この日はオンタリオ湖畔の”Marries”というお店に
ロブスターをいただきに行きました。
大西洋で獲れた新鮮なロブスターだそうです^^
(もう少し経つと、収穫場所が南下してボストン付近になってしまうとのこと)

c0096639_1634112.jpg












大きさが2ポンド(約900g)もあるロブスター!!
一人でこの量にびっくりです。
解体も大変だわ~と思ったら、お店の方が手際よくやってくださいました^^

c0096639_1663647.jpg












殻をはずしてもぷりぷりの身がた~っぷり。
これをキャンドルの灯で温めたバターにレモンを搾ったソースを
付けていただきました♪

c0096639_1683324.jpg












帰り道、ナイアガラは赤くライトアップされていました。
22時からは今年最後の打ち上げ花火が上がり、
去り行く夏を惜しんでいるかのようでした。

カナダは始めて行きましたが、とてもいい国でした。
人も親切な方が多かったし、移住者が多いのも福祉などの手当てが
充実していて暮らしやすいからだと思います。
「老後をのんびりと幸せに暮らせるって魅力的~☆」とパパに言ってみたら
「アルコールが禁止されている場所が多すぎだからNG」
と却下されちゃいました~><;
[PR]
ナイアガラ周辺にはたくさんのワイナリーがあります。
そんな中、訪れたのがこちらのワイナリーです。

c0096639_2154150.jpg

店内に入ると、数々の賞を
取っているとのことで
トロフィーや賞状がずらり。












c0096639_21562347.jpg

カウンターで気軽に
試飲する人達。
飲酒検問ががないので
みなさんぐびぐび~






c0096639_22012100.jpg

店内を通り抜けると
作業場で搾り出しが
行われていました。







c0096639_2224468.jpg

隣の建物に入り、
地下への階段を
下りるとかなり涼しい!
樽がゴロゴロた~くさん!
こんな感じのお部屋が2つ。



c0096639_2261215.jpg

2つの部屋の間には
世界一長い
コンクリートテーブルが
ありました。
昔、ここで一族がワインの
試飲会をしていたそうです。
神秘的~☆








c0096639_22102252.jpg

次にテイスティングルームへ。
ここで作られているワインがずらり。
赤、白、アイスワインをいただきました~♪




実はお酒類が苦手な私ですが、
いいワインは香りや口当たりが良く、欲張って全部飲んでしまいましたぁぁぁ~
テイスティングだけなのに5分後、顔はすでにぽっぽ><;

アイスワインはとても甘くて、食後のデザートみたいな感じ。
私なら梅酒と同じ感覚で飲もうかなぁ~と思い、小さな瓶を購入しました。
(寒い夜に暖まって眠れそうでしょ??)


c0096639_2217911.jpg












裏庭にはぶどう畑が広がっていました。
この後の記憶は勿論ありません・・・・・・・・
[PR]
車でオンタリオ湖畔へ移動しました。

c0096639_17253063.jpg












空は快晴、湖もとても綺麗でのんびりと湖畔を散歩していました。
湖というよりは海と言った方がいいかも・・・・かなり広いです。
そんな時、なんと!!王子の洋服にかもめのフンが!!!

c0096639_17263925.jpg
王子がっくり><!

















c0096639_17274994.jpg












王子の洋服を汚したのは↑この子です!
だめでしょ!!(ってわかるわけないけど)


c0096639_17351323.jpg












湖畔でピクニックランチを楽しむ人々がたくさんいました。
日本の公園は狭いから芝生が広がっていてベンチや椅子は
少ないのですが、カナダの公園はあちこちに設置されていました。
この広さだからだろうな~
いいなぁ~~~

c0096639_18125270.jpg












湖畔を一歩離れると住宅街です。
さすが園芸大国、みなさんお庭を丁寧にお手入れされています。
(個人のお宅を撮ったら失礼かな~と思い、写真なしです><)
広い芝生の庭、玄関周りには季節の色とりどりの花々が咲いていて
玄関ドアには木の実のリースがかけられています。
所々でお庭を手入れしている方やお茶を楽しむ方々がいらっしゃいました。
すごく素敵でした!!

通りを2つくらい歩くと”クイーン通り”に出ました。
この日は暑かったので、アイスを食べながら散策する観光客がたくさんいました。

c0096639_17461346.jpg
















ここにもたくさんのお花の列が続いています。
実はこのお花、州の税金は投入されず、
すべて住民の手入れによるものだそうです。
地面に壁掛けにとお花がいっぱい!!幸せな気分です♪♪

c0096639_17485882.jpg












c0096639_17491615.jpg












クイーン通りにはたくさんのお土産&雑貨やさんがあり、一日居ても飽きません。
私もこの通りのダンスクで温かみのある色合いのお皿を買いました。

また少し歩くと広々とした公園がありました。

c0096639_17541483.jpg













王子もすぐに走っていって遊び始めました。
パパママはベンチで一休みしていたら、リスを発見!

c0096639_175534100.jpg
















c0096639_1755595.jpg












この公園にはあちこちにりすがいました。
どんぐりや栗を探していてちょこちょこ動く姿がなんとも可愛い。
パパママは王子そっちのけで?ビデオ&写真撮影に大忙しでした(笑)
[PR]
カナダは世界第2位の広さを誇る国です。
観光スポットまでは車で移動します。
ドライブ中に、いろいろな景色が見えました。

c0096639_1114719.jpg












少しだけ紅葉が始まっていました。
この日の最高気温は26度、体感温度は34度でしたので
まだまだかなぁ~と思っていましたが、
紅葉は一気に進むので一週間後は全く違う
とガイドさんがおっしゃっていました。


c0096639_11165380.jpg












こちらは花時計です。
(家族で撮った写真しかなくて・・・恥ずかしいです><)
カナダの園芸に対する関心は高く、
医者、弁護士に続く人気の職業なのだそうです。
この花時計や周辺の公園はカナダ一の有名園芸学校の
生徒さんたちが管理しているとのこと。

それにしても、私だけブーツにストール・・・・・
日焼けは防げたけど、暑かったです~><;

c0096639_11204288.jpg












c0096639_1121812.jpg












c0096639_11212842.jpg












美しい公園、広々としています。
あちこちに花が咲き乱れています。
寒くなる前に必死に咲いているのですね。

c0096639_11255449.jpg
王子もついに
遊び始めました!
こんなところで
のんびりできたら
いいなぁ~
カナダの人が
羨ましい!!








c0096639_11312849.jpg












こちらはギネスブックにも載っている
世界で一番小さい教会なのだそうです。
中には椅子が6個だけ置いてあります。
とってもメルヘンチック!!
[PR]
カナダとアメリカに家族旅行に行ってまいりました。
私の記憶が鮮明なうちに、少しずつ旅行記をまとめたいと思います。

まずはデトロイト経由でカナダ、トロントに入りました。
時差13時間、王子は初めての体験に
眠い眠いを連発!
でも、すぐに慣れてしまうのがすごいです。
車に揺られ1時間ほどで滝のある、ナイアガラ・フォールズ市に到着しました。

資料によると、カナダの10月の平均気温は13.8度だったので
防寒のためのコートを用意していきましたが・・・・・
この日は快晴だったこともあり
”暑い!!!”多分25度は超えていました。
パパと王子は半袖で十分。
街行く人もまだ夏の格好でした。

c0096639_119259.jpg












アメリカとの国境の橋を見えました。



翌日はいよいよナイアガラ・フォールズの見学に行きました。
最初は”テーブルロック”という滝を上から見る場所へ。

c0096639_11121410.jpg












ゴーっという音。
水量の多さ。
自然のパワーってすごいな~と思いました。
しかし、今は滝の浸食を防ぐ為に水量を
コントロールしているのだそうです。
そうしないと、1年で1~2mも浸食されてしまうのだそう。

風向きが変わると、容赦なく滝のシャワーが
降りかかってきます。

c0096639_11161431.jpg






びしょぬれになってしまいました~
(でも、すぐに乾きました♪)









次に霧の乙女号に乗って滝のすぐそばまで近づきます。

c0096639_11212817.jpg












地下42階のエレベーターを降り、ポンチョを着て乗船します。

c0096639_11224022.jpg












まずはアメリカ滝に近づきました。
こちらはカナダ滝(ナイアガラ)より小規模ですが、
十分に大きかったです・・・。

c0096639_11274441.jpg












こんな風に滝に近づきます。
ちょっと怖い感じがしました。

c0096639_11283481.jpg

でも、この時はまだ余裕♪











c0096639_11293648.jpg












もうすぐ滝のそばというところ。
ものすごい水の音。

空は快晴ですが、次第に霧雨になってきて・・・・・

一番近くに達したときはびちょびちょ!!
船の2階にいた方たちはスコールだったかも。

こんなすごい滝でも、1回だけ流れが止まったことが
あるそうです。
100年以上前に、流氷を流すシステムがなかったために
氷によってせき止められてしまったことがあるそうです。

テーブルロックの上を歩いてアメリカ側に渡ろうとしたり、
滝の一番下まで降りていった人がいたとか。
チャレンジャーだなぁ~

カナダの冬の自然は厳しいのですね。


c0096639_11424415.jpg












船を下りて上から滝を眺めました。
滝のスケールの大きさにただただ圧倒されました。
[PR]